エンジニア生命を保つのに不可欠な視点

エンジニアの需要は高騰していると言われています。しかしこの話には二面性があり、需要が高騰している分野がある一方で、低迷して生き残りをかけている分野もあります。IT業界の発展の速さから、その移り変わりもめまぐるしいのがエンジニア市場の特徴と言えるでしょう。

システム開発について万能に携われる技術者自体の需要は常に高い状態がキープされており、情報技術が基盤となる社会が続いている限りはその傾向は維持されるでしょう。IT業界において若手が担う最先端での仕事はどの企業においても優秀な人材を欲し続けている現状があります。しかし、最先端で体力と思考力の勝負をする人材が歳をとってくると少し状況が変わります。

思考力が優秀で経験も豊富な人材はプロジェクトマネージャーとしてその最先端で活動を続けられますが、多くの人は幅広い分野をカバーして柔軟に対応することが困難になるため、コンサルタントやスペシャリストとして仕事をするようになったり、最先端からは少し離れた職種への転職を余儀なくされます。こういった領域に踏み込んだ人たちは時代の変遷の速さに合わせてニーズのある分野へ踏み入れなければ仕事を失うリスクすらあります。

ネットワーク技術の必要性が高い時代が続いているものの、新技術が登場することによってそちらへの移行が進む可能性もあります。そういった時代の変遷を良く考慮して生活していかなければエンジニアは技術者としての仕事を失ってしまうリスクがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です